賃貸経営のリスクとは

賃貸経営のリスク回避のためには

賃貸経営で必要なリスク管理

賃貸経営をしていく上で、リスク管理は必要不可欠です。たとえば空室リスク、家賃滞納リスク、自然災害リスク、情報漏洩リスクなどさまざまなリスクを管理していかなければいけません。
リスクを保障する保険に加盟し、リスクに対しての備えを万全にしておくことで健全な賃貸経営ができます。

/賃貸経営の空室リスクと一括化利上げ制度について/
賃貸で一番のリスクといえば、空室リスクではないでしょうか。
空室があるということはが発生しないため、賃貸経営を行うのに支障になってしまい健全な賃貸経営ができません。

賃貸経営をしていく上で空室リスクを軽減する、賃貸一括借り上げというものをご存知でしょうか?賃貸一括借り上げとは、管理業者が賃貸物件の部屋を一括で借り上げてくれるというものです。
管理業者に一括借り上げしてもらうことで、数十年という長期間の空室リスクをなくすことができるため、ローンなどの返済計画もスムーズに行うことができ、健全な賃貸経営ができるようになります。

/一括借り上げの注意点/
一括で借り上げてもらえることで、家賃の請求先は管理業者になるので、空室リスク、家賃滞納リスク、のリスクヘッジができます。

ただし、物件の地区年数や物件周辺の家賃変動によって、家賃の下落リスクは避けられません。また、管理費が通常の管理委託よりも高額になってしまいます。
相場でいうと委託管理費の場合、通常家賃の3から5%程度が管理費となります。

一括借り上げの場合ですと、この管理費が家賃の10から15%程度に上昇するため、それを考慮に入れておかなければなりません。

/一括借り上げのメリットとデメリットを精査する/
一括借り上げは空室リスクや家賃滞納リスクがない分、管理費などが高額になってしまいます。ですから賃貸物件の純利回りで損益分岐点を精査し、一括借り上げでも納得の行く収入が確保できるのであれば、一括借り上げはリスクヘッジとして有効になります。

© Copyright 賃貸経営のリスク回避のためには. All rights reserved.