賃貸経営のリスクとは

施設賠償保険で万が一の保証も

入居者が怪我をした場合の保証

保有する物件が損壊し、入居者が怪我をしてしまった。急に壁が倒れてきた、蛍光灯が落ちてきた、エレベーターに挟まった、など建物が原因で入居者に怪我を負わせてしまった場合、建物の設備不備ということで、オーナーは確実に責任を追及されてしまいます。

また、東北地方や北海道など雪の多い地方では、屋根に積もった雪が落ちてきて入居者に怪我を負わせてしまうこともあります。これも建物のオーナーに責任が発生してしまいます。

建物に関する入居者の怪我は、オーナーの責任とされ、損害賠償を求める裁判に発展してしまうこともあります。

そういったリスクを回避するために、常日頃から建物の点検業務を行いたいところですが、物件を多く保有している場合自ら建物をチェックして回るわけにもいきません。
そういったリスクに対しては、保険に加入しておくとよいでしょう。

代表的なものに、施設賠償保険と損害賠償保険があります。

/損害賠償保険とは/
上記にも触れたように施設の不備によって、入居者に怪我を負わせてしまった場合、損害賠償保険が適用されます。施設賠償保険の内容は施設の不備だけでなく、損害賠償保険適用外の範囲まで幅広く保障対象になります。

たとえば、屋根に積もった雪の崩落や入居者の保有する自転車やバイクの使用でおきてしまった損害、給排水や冷暖房設備などの水漏れなどに対しても賠償が保障される保険です。適用範囲の広いのが損害賠償保険といってもよいでしょう。

/施設賠償保険とは/
施設賠償保険とは、施設の管理不備や施設内でおきた事故、火災や爆発によって入居者の家財財産の損害、近隣建物への損害に対して保障する保険です。そのほかにも施設が原因で起きた第三者への不慮の事故も適用範囲です。
ただし、施設賠償保険は水漏れや老朽化したもの、消耗品に関しては保障されません。つまり施設賠償保険は施設に密接に関係している項目と消耗品などの項目は保険対象ではないとうことです。損害賠償保険と比べると規約が厳しいのが施設賠償保険です。

/損害賠償保険と施設賠償保険の比較/
損害賠償保険と施設賠償保険を比べると、先に加入しておいたほうがよい保険は損害賠償保険です。損害賠償保険は賠償範囲が幅広くさまざまな事故に対応してくれます。

一方、施設賠償保険も規約は厳しいのですが、加入しておくことで安心という面では両方の保険に加入することがリスクを回避するという点でもっともよいのではないでしょうか。

© Copyright 賃貸経営のリスク回避のためには. All rights reserved.