賃貸経営のリスクとは

借主と貸主の火災保険内容の違い

借主も貸主も火災保険に加入する

借主と貸主の火災保険は両者とも加入しておくことがもっとも安心で火災などのリスクを回避できます。
それは借主と大家とでは火災保険の適用範囲が違うためです。

/貸主と借主の火災保険の違い/
貸主が賃貸契約をする際に、管理会社から火災保険の加入が必須項目になっていることがあります。ほとんどの場合、強制的に加入させられると思います。火災保険の基本は借主が自分の財産に保険をかけるという意味です。

しかし、借主の火災保険では自分の財産には保険が適用できますが、部屋自体には保険が適用されません

また、たとえば借主の部屋が出火原因となった場合は、借主の保険が適用されますが、マンションやアパートの場合ですと隣接する部屋が出火原因で飛び火してきた場合は、部屋の損害については保険の対象外になってしまいます。

しかし、大家は部屋の修復義務がでてきますので、この部屋を修復する際莫大な費用がかかってしまいます。
そこで大家も火災保険に加入しておくことで、その部屋の修繕費が保険でまかなえるということになります。

/大家が保険会社をすすめる訳/
基本的に火災保険は借主と大家の両方が加入することが望ましいです。そして大家が借主の保険内容を確認できるように、借主側の保険会社も指定することが一番望ましいです。
なぜかというと、火災保険というのは法律で定められた義務ではないため、借主側が一方的に途中解約できるからです。

火災保険を借主側が解約してしまうと、借主側の火災保険適用ができなくなってしまうため、もし借主側の部屋が出火原因だった場合保険のない状態だとその修繕に費用がかかってしまいます。
大家もこの火災保険に入ることで修繕費をカバーすることができますが、借主側の財産等は保険適用外になります。

ですから、大家のリスクというよりも借主側のリスクとなってしまいます。
そのことを踏まえ途中解約していないかどうかを確認できるという意味では、大家側が火災保険を指定したほうがよいでしょう。

大家と借主は同じ火災保険に加入し、借主側が火災保険を途中解約しないように、こちらで火災保険を指定することで、健全な賃貸経営ができるでしょう。

© Copyright 賃貸経営のリスク回避のためには. All rights reserved.